福栄一丁目自治会規約

<第1章 総則>

第1条
本会は福栄一丁目自治会と称する。

第2条
本会は福栄一丁目に居住し。所帯を営むものをもって会員とする。

第3条
本会は福栄一丁目地区居住者の自治機関であって居住者の自由な意志に基づいて作られた団体である。

<第2章 目的>

第4条
本会は地区並びに市川市発展のため、市その他の関係機関と緊密な連絡、協調によって、社会文化の向上に努めるとともに、居住者相互の福祉厚生の増進と親睦を図ることを目的とする。

<第3章 事業>

第5条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.地区の進行発展に関し、市その他の関係機関との連絡、協調に関する事項
2.居住者の福祉厚生の増進事業
3.地区の生活環境の安全、安心に関する事項
4.その他本会の目的達成に必要な事項

第6条
本会に次の役員、班長を置く。
 1.会長 1名
 2.副会長 若干名(5名まで)
 3.理事 25名程度
 4.会計 1名
 5.監査 3名以内
 6. 班長 原則各番地1名  7.必要に応じてその他役員、顧問を置くことができる

第7条
本会の活動を円滑に進めるために次の専門部を置く。
 1)総務部(事務局) 2)文化部 3)防犯防災部 4)環境衛生部 5)福祉対策部 6)育成部

第8条
本会の役員は次の方法で選出する。
 1.会長は理事会に於いて推薦し総会に図り承認を得る。
 2.副会長は会長が指名し総会に図り承認を得る。
 3.会計及び監査は理事会で推薦し総会で承認を得る。
 4.班長は各班の話し合いで選出する。
 5.その他の役員は、班長、理事会の推薦を受けて総会で承認を得る。

第9条
役員は次の業務を行う。
 1.会長は会を代表し、総会、役員会の決定に従い会務を処理する。
 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故のある時は総括副会長がその職務を代行し、他の副会長は担当する部の部長としての職務を行う。
 3.理事は事業の計画及びその議案の作成、予算、執行その他会務を行う。担当する専門部の職務を会長、副会長と相談しながら部長を中心に事業を行う。
 4.会計は金銭の出納、その他一切の会計事務を行う。
 5.監査は必要に応じ会計の監査を行う。
 6.班長は担当する班の集金、会務の運営連絡事項を行う。

第10条
役員の任期は2年とし、班長は各番地の輪番制として任期を1年とする。但し再選を妨げない。
会長の任期は5期までとする。

<第4章 会議>

第11条
本会の会議は総会および役員会とする。
 1.定期総会は毎年度初めに会長がこれを招集し、予算、決算及び事業報告、会務の報告をする。
 2.総会は最高議決機関とし、役員、班長をもって構成する。
 3.臨時総会は班長の三分の二以上の要求のある場合、会長はこれを招集しなければならない。
 4.会議は過半数の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数の賛成をもって決する。但し、賛否同数の時は議長に一任する。

<第5章 会計>

第12条
本会の経費は会費及び寄付金その他をもってこれに充てる。

第13条
本会の会費は戸建てが月額一口300円、集合住宅の居住者は月額200円、法人会費は年額24,000円として納入するものとする。

<第6章 報酬>

第14条
次の役割に就任した理事に対して報酬を手当てする。
 1.事務委託(回覧物の仕分け配布など)に対して年間30,000円
 2.会計担当者に対して年間30,000円

<第7章 賛助会員、会計年度>

第15条
必要に応じ賛助会員を置くことができる。

第16条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

<附則>

この規約は平成24年4月29日から一部改正施行する。